このページの本文へ移動
m-sbid08

教育職員免許状授与証明書の申請

英訳文付きの授与証明書を申請する方はこちら

1 申請する前に

授与証明書とは、授与権者である都道府県教育委員会が、該当者の方へ有効な免許状を授与している旨の事実を公的に証明するものです。お持ちの免許状が東京都教育委員会発行のものであるかを御確認ください。他道府県で教育職員免許状を取得された方については、東京都教育委員会では授与証明書を発行することができません。免許状を発行した教育委員会にお問い合わせください。

このページのトップへ▲

2 申請方法

申請方法は、次の2種類があります。

(1)直接来庁し、窓口で申請する方法
(証明を受ける本人の委任状があれば代理の方の申請も可能です。)

申請場所:
新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎北側36階 教育庁人事部選考課免許担当
持参するもの:
  • ア 免許状記号番号の控え。記号番号が不明な場合は、免許状の種類・教科(高校1種・数学等)、卒業学校、卒業年月の控え
  • イ 本人の場合は本人を確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
    代理人の場合は、本人からの委任状(書式は任意;委任内容「授与証明書の申請及び受理の権限を委任する。」、委任年月日、本人の住所・氏名・印及び代理人の住所・氏名を記載すること)及び代理人の本人確認ができるもの(代理人の運転免許証、健康保険証等)
  • ウ 手数料
    (証明書1枚につき400円です。釣銭のないよう御用意ください。※例:中学校(国語)、高等学校(国語)各1通の場合、800円)
受付時間:
月曜日から金曜日まで(祝祭日・年末年始を除く。)の午前9時から午後5時まで。
<注意事項>正午から午後1時までは混みますので、できるだけ避けてください。
発行までの期間:
原則、即日に発行します。
※昭和42年以前に発行された免許状の授与証明書は即日発行できない場合があります。御了承ください。

(2)郵送で申請する方法

(証明を受ける本人が海外に居住の場合等は、委任状があれば代理の方の申請も可能です。)

下記の3点を同封し、封筒の表に「免許状授与証明申請書在中」と朱書きし、御送付ください。

  • ア 証明申請書(申請書様式を印刷し、記入方法を参考に必要事項を御記入ください。)
  • イ 返信用封筒(長形3号:〈12センチメートル×23.5センチメートル〉又は長形40号〈9センチメートル×22.5センチメートル〉)に切手を貼付し、住所・氏名を明記したもの
    (切手は、証明書が2通以下の場合は82円、3通から5通までは92円、6通から8通までは140円)
  • ウ 手数料
    (証明書1枚につき400円です。釣銭のないよう御用意ください。※例:中学校(国語)、高等学校(国語)各1通の場合、800円)

 郵送先

〒163-8001 東京都教育庁人事部選考課免許担当(住所は記載不要です)

 注意事項

  • イの住所は申請者本人の現住所のみとなります(勤務先は不可)。
  • ウの手数料は、郵便局で「郵便普通為替」又は「郵便定額小為替」を購入し、過不足額のないよう納入してください。為替の受取人欄等は絶対に記入しないでください。切手では受付できません。
  • お手元に届くまでの期間:一週間程度(郵便往復日数+処理日数1日)
  • 郵便物に関して配送状況を把握されたい方、お急ぎの方は、往信・返信に簡易書留・速達を御利用ください(なお、書留・速達は別途料金が必要となります)。
    授与証明申請書(記入見本を含む。)
このページのトップへ▲

3 申請書の記入方法

  • (1)証明を受ける免許状の各事項は、免許状原本に記載されているとおりに記入して下さい。
  • (2)記号番号が不明な場合でも検索の手掛りとなりますので、必ず免許状の種類(高校1種等)・教科・卒業学校・卒業年月などをできるだけ正確に記入してください。
    記載事項が不正確な場合や、記載されていない場合は、原簿の確認ができないことから、証明書の発行ができないこともありますのであらかじめ御了承ください。
  • (3)複数の免許状を1枚の証明書で証明をすることはできません。
    (例えば、中学校と高校の証明書が必要な場合、2枚の証明書になりますので手数料は800円になります。)
  • (4)免許状記載の氏名と現在の氏名が異なる場合、申請者氏名の欄は現在の氏名、記載事項欄の氏名は免許状記載の氏名を御記入下さい。
  • (5)氏名・本籍の書換手続きを行っていない場合、旧姓・旧本籍での証明書が発行されます。
このページのトップへ▲